クリエイターのミカタ!

〜デザインベンチャー代表による奮闘日報〜
<< 寝るのは苦手 | main | 語録:求める解は何か? >>
セカンドライフ×ビジネス
東京・渋谷のIT企業 トランスコスモスがこんなサービス始めてます。

セカンドライフに拠点を置くアーティストのプロモーションを支援


同上のような、「セカンドライフ」を舞台にいろいろな
ビジネスを展開する企業が増えてきました。

日本ではまだ未知数なセカンドライフですが、世界、特に北米では
圧倒的な人気を誇る3D空間ネットサービスです。日本進出にも合わせて
いろいろな企業が参入しています。


ブログを舞台にプロモーションする「ブロガー支援ビジネス」の
次は3D空間を舞台にプロモーションを行う「3Dユーザー支援ビジネス」
なんでしょうか。


ちょっと、疑問です。個人的には。


まだベンチャー企業が乗れるような波が来ていない気がするのです。
Web3.0と評されるサービスは、このセカンドライフのような
「ユーザーがネット上に常にアクセスしていることを前提としたサービス」
であると定義されがちですが、その定義そのものが・・・うーん。



次の時代のWebサービスに大切なことは、

ユーザー⇒ネット、つまり
ユーザーが、ネット上に常にアクセスしていることを前提としたサービス

ではなく、

ネット⇒ユーザー、つまり
ネットが、ユーザーの隣に常に利用できる状態で待機できるようなサービス


こそ、Web3.0だと思うんです。

具体的に言えば、Googleのデスクトップカスタマイズ機能。


セカンドライフで弊社メテオデザインが何かビジネスをやろうと思うことも
将来的にはモチロン有ることだと思いますが、
時代と、タイミング、実現力、そしてニーズを慎重に見極めながら
戦略を立てて行こうと思いました。


でも、こういった埋もれているクリエイターを発掘するような
サービスは大賛成なんですけどね。


まだ、かな。
| 経営/社長/提言 | 11:39 | comments(2) | trackbacks(1) |
セカンドライフってあのネトゲですよね?
なんかおもしろそーとか思ったんですけど、ちょっとえっちぃやつっぽいすねw
| とき | 2007/07/16 10:15 PM |

ワハハ、やっぱりそーいうイメージあります?w

実際は、大部分のユーザーは普通ですよ。ゲームというより
mixiみたいなコミュニケーションツールと考えた方が
いいかもしれません。企業も多く参入してますし。
セカンドライフは、目的がない3D空間なので、
中で友達を作るも良し、物を販売するも良し、
現実社会のビジネスの広告を打つも良しの何でも有り空間です。

ある意味無法地帯なので、先述の「えっちぃ」人もいます。
何せ、他のユーザーの建物を破壊して回る「テロリスト」も
いるぐらいですから・・・w。

パソコンはビスタがサクサク動くレベルの
スペックが要求されるので、私はまだ手探りだけで
やってません。ユーザーとして使うなら結構面白い
と思うんですけどねー。
| ミツルt | 2007/07/21 12:38 AM |










http://meteoblog-tana.com/trackback/38
セカンドライフSecondLife日本語ベータ版(米リンデン・ラボ)
「セカンドライフSecondLife日本語ベータ版(米リンデン・ラボ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてく...
| ブログで情報収集!Blog-Headline | 2007/07/14 2:24 PM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ PROFILE
+ COMPANY
+ Twitter
+ ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT TRACKBACK
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ